通常価格(税込)
3,490 - 6,070
販売価格(税込)
3,380 - 5,680
配送方法
送料無料
*北海道、沖縄、離島を除く

在庫なし

  • 送料無料
  • オススメ

この商品のカスタマーレビューを書く

商品の詳細情報

商品コード w0416~w0417
メーカー 岸田牧場
関連カテゴリ 送料無料の商品 > 乳製品 送料無料の商品 > 飲料 飲料 > 牛乳

わったい菜からのお知らせ

商品の詳細情報

生産者岸田牧場
発送元岸田牧場
商品内容岸田牧場の牛乳便り 1000ml 6本セット(化粧箱入り)、12本セット
原材料名生乳100%
保存方法冷蔵庫(10℃以下)に保存し、開栓後はなるべくお早めにお召し上がりください
ブログ岸田牧場の牛乳便りに関するブログはこちら

コクと甘みがしっかりあるのに、飲み口さっぱり
岸田牧場の「牛乳便り」

岸田牧場「牛乳便り」の始まり

鳥取県東伯郡琴浦町に位置する岸田牧場は、昭和45年創業、東京ドーム7個分の敷地面積を誇る県内最大級の牧場です。「牛乳本来のコクと甘みがしっかりあるのに、飲み口がさっぱり」と評判が広がり、今では個人宅配500件、飲食店100軒の顧客から支持されています。「うちは牛乳便りしか使わない」、そんな飲食店も現れる、「濃いだけじゃない」牛乳、一度味わってみませんか?


岸田牧場のこだわり

種付けから出産までを一括飼育管理

乳牛は生後、搾乳可能になるまでに2年かかるため、この育成期間が牛乳の美味しさを決める最も大切な時期となります。岸田牧場では、種付けから出産までを一括飼育管理。牛の体調、季節などに応じて餌や牛舎の環境を調整しています。

子牛

生後間もない子牛。免疫力がつくまでは、1頭1頭専用のスペースで育てられます。

乳牛にとってのストレスフリーな環境作り

妊娠中の乳牛の体重は約650kg。1日に出すお乳の量は30リットルになります。これは、50㎏の人間の女性に例えると、1日2.3リットル(牛乳パック2本分)の母乳を出すことと同じ割合。毎日フルマラソン並みのエネルギーを消費しているため、栄養価の高い餌と、寛いで休むことのできるストレスフリーな牛舎作りがとても重要となります。

牛舎と放牧地

若い牛たち。牛舎と放牧地を自由に行き来することができ、芝生を歩くことによって足腰の強い牛に育ちます。

牛舎

岸田牧場では、牛舎に1頭1頭の柵を構えることなく、牛たちが牛舎内を自由に歩き回れるようになっています。足腰に負荷のかからないよう、おが屑等の敷物が敷かれ、牛たちはそれぞれお気に入りの場所で休んでいます。

ブラッシンング

また、痒いところに手(脚)が届かない牛たちのために、自動回転型のブラシが設置され、牛たちは順番に自ら体を寄せブラッシングを楽しむことも。

毎日欠かさず、牛たちの健康をチェック

毎日の健康チェックで様子がおかしい牛には、すぐに餌の配合や搾乳時間のタイミングを調整。牛の体調不良に気付くのが1日遅れるのは、人間に例えると発熱状態を3日放置しているのと同じくらいのダメージだと言われています。そのため、お乳の量や食欲の有無に加え、目の輝きや耳の位置などで細かく健康状態をチェックしています。

牛たちの穏やかな表情

牛たちが快適、健康に過ごせる環境作りを惜しまない岸田牧場。そこで過ごす牛たちはとても穏やかな表情をしており、人が近づくと、1頭、また1頭と近寄ってきては、顔を寄せてきます。

飼料に対する強いこだわり

牛乳の美味しさや品質は、飼料でその多くが決定されます。岸田牧場では、農薬不使用で栽培された原料からつくられた飼料だけを使用。原料の栽培現場や、飼料の製造現場にも足を運ぶなど、非常に厳しい選定基準を自ら定めています。
厳選された飼料は、一頭ごとの年齢や体調、季節に応じて細かく調整され、与えられています。



生産者 岸田牧場場主・田中徳行氏

酪農一本で一家を支える父親(岸田牧場現社長・創業者)の姿に惹かれ、中学生時代から、将来自分も酪農家になりたいと考えていた岸田牧場場主・田中徳行氏。 北海道酪農大学で酪農の基礎を学び、日本一の規模を誇る大分での牧場研修の後、世界の酪農を自分の目で見てみたいという強い思いからスウェーデン、イスラエルと海外研修を重ねました。

岸田牧場場主・田中徳行氏

自社ブランド「牛乳便り」のスタート

岸田牧場就農2年後、地元の農協を離れ自社ブランドを設立。それが岸田牧場「牛乳便り」の始まりです。
10年前の6月30日に11本の配達から始まり、「コクがあるのに飲み口がすっきりしている」と評判が評判を呼び、現在は県内最大規模の1日3000リットルの出荷量を誇ります。

美味しい牛乳を追い続ける―「100年後の牛乳はすごい」

「美味しいものを育てようという、人間の知恵と知識と想いが重なって、初めて畜産というものが生まれる。どの食材も、人が手を加えて育てるからこそ美味しいものになる。酪農業界に惹かれる一番の理由が、そこにある」と、徳行氏は話します。岸田牧場のこだわりは、「追い続ける」こと。「美味しい牛乳に完成形はなく、お客様の求めるものもどんどん変化していく。きっと、100年後の牛乳はすごい」


わたしたちも、牛乳便りを愛用しています

「牛乳が苦手な方にこそ、オススメする牛乳です」

大江ノ郷自然牧場ココガーデン村上副店長

大江ノ郷自然牧場ココガーデン村上副店長
2008年のココガーデンオープン以前より、「牛乳便り」を配達していただいています。ココガーデンで一番牛乳を使用しているスイーツ「大江ノ郷プリン」でも、数種類の牛乳で試作を行った結果、濃厚な卵と相性の良い、さっぱりとした味わいの「牛乳便り」を採用しました。高い技術による殺菌処理を行っているため、牛乳の素材が生きています。

牛乳独特の乳臭さがほとんどないので、牛乳が苦手な方も含む、幅広い方々にオススメできる牛乳です。(談)

大江ノ郷自然牧場ココガーデン

大江ノ郷自然牧場 ココガーデン
鳥取県の南東部に位置する、八頭郡八頭町の緑に囲まれた自然豊かな環境で、放し飼いにより鶏を飼育。環境・飼料・水にこだわった、凝縮された栄養成分を持つ「天美卵」を販売している。濃厚で新鮮な「天美卵」を使ったココガーデンのスイーツは、地元のみならず全国にもたくさんのファンを持つ。

「この人と、美味しいコーヒーをつくっていきたい」と思いました。

オールドニュー 本池達也代表取締役

オールドニュー 本池達也代表取締役
エスプレッソコーヒーが中心の「ラバール ローステリア」では、ミルクたっぷりのカプチーノ、カフェラテが主力商品となっています。ですので、本当に美味しい牛乳をつくろう!としている田中さんと会ったときに、「この人と美味しいコーヒーをつくっていきたい」と思いました。

今ではコーヒーだけではなく、料理、ケーキ、パン、ソフトクリームなどなど多くの商品に使わせてもらっています。牛乳便りと合わせるための焙煎もイメージしながらの毎日です。(談)

ラバール店舗写真

オールドニュー
本池代表自らが産地まで出向き、選んだ珈琲豆を自家焙煎する珈琲専門店。本格的なエスプレッソを使用したカフェメニューを中心に、自家製スイーツやパンなどを提供。2012年には東京代官山に「lab.LABAR(ラボ・ラバール)」をオープン。鳥取を中心に計8店舗を抱える。


ご注文の前にお読みください

商品の梱包について

商品の梱包について

写真は、岸田牧場「牛乳便り」専用箱。左が6本セット箱(ギフト仕様)、右が12本セット箱です。こちらの専用箱に梱包し、お届けいたします。

お届けまでの日数、お届け可能な地域について

地域とお届け日

キャンセル・返品について

  • 商品特性上、キャンセル、および返品はご遠慮ください。
  • ただし、商品に重大な欠陥・不備がある場合は交換、返品の対応をさせていただきますので、ご連絡くださいませ。

ご注文・お問い合わせはフリーダイヤルまで。午前9時から午後9時まで・年中無休 0120-014-042

北海道、沖縄県、および離島への配送は、送料500円を頂戴しております。どうぞご了承くださいませ。

カスタマーレビュー

本商品には、カスタマーレビューはまだ投稿されていません。
この商品にカスタマーレビューを投稿しませんか?